祈祷会
Home > 集会の案内 > 祈祷会

祈祷会式次第

前奏

開会の祈り

回心の祈り

賛美

交読詩編

賛美

神のことば

賛美

祈祷

讃詠 (Nunc Dimittis:シメオンの賛歌)

主の祈り

閉会の祈り

祝祷

後奏

 

この式次第は、中世以来、教会、修道院で行われてきた聖務日課に準じています。

キリスト教の歴史の中で受け継がれてきた代々の信仰者たちの祈りに、

私たちも連なりたいと願っています。

開会の祈り、回心の祈り、讃詠、閉会の祈り、祝祷を以下に記載します。

開会の祈り

司式:神よ、私を力づけ、

会衆:急いで助けに来て下さい。

司式:栄光は父と子と聖霊に。

会衆:初めのように 今も いつも 世々に。

アーメン。

回心の祈り

司式:主にある兄弟姉妹、私たちは祈り、讃美を捧げるためにこの所に集まってまいりました。祈りの言葉が豊かに実を結ぶために、神の前に自らを低くし、私たちの罪を心からざんげしましょう。

(沈黙)

司式:あわれみ深い父なる神、

会衆:私たちはあなたのみ言葉を全き心をもって信ぜず、思い、言葉、行い、怠りによってたびたび罪を犯しました。どうか今私たちをあわれみ、み子イエス・キリストのあがながいのゆえに、私たちの罪と過ちとをすべておゆるし下さい。

司式:全能の神が私たちをあわれみ、罪をゆるし、永遠のいのちに導いて下さいますように。

アーメン。

讃詠(Nunc Dimittis : シメオンの賛歌)

主よ、今こそみ言葉のままに

しもべを安らかに、逝かしめたもうなれ

わが目ははや主の救いを見たり

もろもろの民の前に、備えたまいし救いを認めたり

 

これ異邦人を照らす光

また御民イスラエルの誉れなり

父と子とみ霊との神に

初めも今も後も、み栄えあれや、アーメン。

 

(讃美歌560)

閉会の祈り

司式:祈りましょう。

(沈黙)

すべてを治められる神よ、私たちを訪れ、すべての悪を遠ざけてください。この教会に聖霊を注いで、私たちを守り、あなたの祝福を豊かに与えてください。私たちの主イエス・キリストのみ名によって。

会衆:アーメン

祝祷

司式:この夜を安らかに過ごし、終わりを全うする恵みを、全能の神が与えてくださいますように。

主イエス・キリストの恵み、父なる神の愛、聖霊の親しき交わりが、あなたがた一同と共に、とこしえにあるように。

会衆:アーメン。

MOBILE

携帯サイト用QRコード

日本基督教団 日野台教会モバイル

携帯のバーコードリーダーでQRコードを読み取ることで、携帯版ホームページへアクセスできます。

PAGETOP